menu

保護者様へ



園長 小川のり子

 国本幼稚園は、子どもが自ら周囲に働きかけてその子なりに試行錯誤を繰り返し、主体的に活動に参加し、発達に必要な豊かな心を獲得していく環境作りに努めています。
 人とかかわることで様々な経験を積み、喜怒哀楽の心を自分の物にしていくには、ひとり一人の学びや体験の過程が何より大切です。課題発見力・協同する心・実行力など正解がありません。このような「見えない力」をどう育成していくか、目に見えない価値や意味を感じる心と、脳の発達と心の発達が正常に育まれたバランスのとれた子どもを育てるために、子どもたちは力いっぱい遊び、様々な実体験と広い人間関係の中から感動を味わい、人間としての思いやりの心や豊かな感性を育んでいます。周りに心地良さを与える生き方を身につけ、安定した子どもに成長していくよう、常に子どもの目を見て真心を込めた眼差しを注ぐことに努力しています。ちゃんと自分と同じ目線で接してくれる大人がいるという安心感の中で過ごせるよう、本園は一瞬一瞬の子どもの気持ちを大切に見守り、日々向上しようと努力し、子どもが愛されていると感じる幼稚園生活を展開しています。
 ご家庭と幼稚園が一緒に手を携えて「生きる力」を育ててまいりましょう。

国本幼稚園の保育方針

子どもらしさ、明るさ、素直さの中に
自立心の強い、のびのびとした子に育てます

国本幼稚園は、1953年に創立者 有木春来先生により設立されました。子どもを育てるということは手間暇かけたぬくもりのある親子関係を通してのみ実感できるものであるという「愛情込め」「手塩にかけて」子どもの心を健やかに育て、将来大きく伸びていく子どもをめざしています。

保育の目標

  • 朝礼を通じて、人への思いやりや礼儀を大切にする心
  • 健康な体づくりと安全な園生活を過ごす
  • 日常保育生活の中で、友達と楽しく遊び、お互い認め合い、協力する社会性を身につける
  • 自分から興味関心を持ち、物事に取り組み、よく考え、工夫し、表現する力をつける
  • 集団生活の中で経験する心のゆらぎを通して、忍耐力・我慢強さ・妥協することの大切さを知る
  • 園外保育や農園体験・飼育体験を通して自然に親しみ、様々なことに気づく力や感動する心を育てる

これらのことがらを子ども自ら主体的に行動し、身に付けるように、できる限りよい保育環境を整え、健全な成長の支えとなる援助を心がけております。

  • にじぐみ(預かり保育)
  • 課外活動
  • にじぐみ(預かり保育)
  • 送迎バス
  • 交通アクセス active