menu

国本幼稚園で大切にしている保育について

「子どもにやさしい保育」を実践します

国本幼稚園では「子どもにやさしい保育」を実践し、子どもたちが人間としての生き方の基本となる「思いやり」「たくましさ」「豊かな心」を育む支援をします。

一人ひとりがその子らしさを発揮し、積極的に行動できる子どもに育てます

集団の保育では子どもの活動や生活の内容によって、発達のテンポは異なるという見方を常に基本に据え、その子に寄り添った保育をすることで自信を持って積極的に行動できる子どもを育てています。

人への思いやりや礼儀を大切にする心を育てます

人への思いやりは言葉でいくら説いても実感として身につくものではありません。楽しさや悔しさや悲しさなど様々な感情と一緒に体得していくものです。それぞれの思いを出しながら相手にも気持ちがあることに気づき、一緒に楽しく遊ぶためにはどうしたらよいかを考え、人とのかかわりの基本的部分に欠かせない心、伝え合ったり理解しあうための「言葉」を育てています。

たくましい脳を持った子どもに育てます

子どもの主体性が尊重されて意思の通り自分が動くことや、友だちとの生活が保障されていることで、子どもたち一人ひとりが大切にされているという実感が心を強くします。他人の良さを認め合える心の広さや、他人を「思いやる心」、また、ぶつかり合いながら自分と他者とのかかわりの中で、自分がどう行動したらいいかということを学びます。

子どもに大切な「遊び」-自主性、創造性、協調性

国本幼稚園では「遊び」を大切にしています。遊びには自分たちで進んで常に新しく考え、工夫し、創り出す「創造性」が培われます。友だちと一緒に遊べば、思いがけないほど遊びが広がり、興味関心の幅も深まります。自分とは違う考え方、表現のしかたにも出会い、ぶつかりあってその解決方法を試行錯誤しながら、思いやりのあるやさしい豊かな心を育てることができます。

子どもたちの遊びの様子


電車が通ります ガタン・ゴトン

手でこねこね 何ができるかな?粘土遊びはたのしいね!

泥んこ遊びは心も体も開放されて精神的安定にもなります

「はい、ごはんですよ」「おいしいね」とおしゃべりをしながら年長さんと年少さんがおままごと遊び

「ペンキ屋さん」になりきって取り組む子どもの姿は真剣です

ザリガニの脱皮する様子にみんな興味しんしん

国本小学校との連携について

国本学園はキャンパス内に小学校があります。幼稚園児は、卒園した子どもたちが小学校で学び、運動している様子を見て、あこがれを持ちます。
年長組は一日授業体験で小学生の気分を味わいます。10月の学園記念祭では、ごく自然に小学生と触れ合い、和気あいあいと話し合い、親切にしてもらい、やさしい心にふれる機会もあります。幼稚園とお隣り同士ということが園児にとって大変よい影響を受けております。
国本小学校へ進学を希望される園児は、幼稚園園長の推薦を得て進学が可能となります。

→国本小学校のホームページはこちらから

  • にじぐみ(預かり保育)
  • 課外活動
  • にじぐみ(預かり保育)
  • 送迎バス
  • 交通アクセス active