menu

国本小学校の英語教育

英語教育のプロフェッショナルによる授業

 英語を母語としない国や地域で、英語4技能と言われる「聞くこと」「話すこと」「読むこと」「書くこと」の力を培うことは容易ではありません。英語を学ぼうとする子どもたちの学齢や特性を生かし、学習意欲を高める授業展開が求められます。国本小学校では児童英語教育のプロフェッショナルがいます。日本人英語教師とネイティブスピーカー(英国)教師によるティームティーチング(協力授業)による優れた授業を展開しています。

校長による英語検定受検から合格までの指導

 校長は海外の日本人学校校長(文部科学省派遣)として学校を立ち上げたり、小中高大学生への英語教育の実践をしたりしてまいりました。子どもたちが世界を舞台に活躍するために必要な能力を身に付けることを願い、“Joy of Learning”(学ぶ喜び) “ Joy of Teaching”(教える喜び)の精神で、英語授業に積極的に関わってまいります。その成果として英語検定受験合格で味わわせてまいります。

英語コミュニケーション力を育む小中高英語一貫教育

 国本小学校では創立時から伝統的に英語教育を実践しています。2020年新学習指導要領(文部科学省)実施に先駆けて英語授業時間数増を行います。2017年度から国本小学校では、英語テキスト“Let’s Go4th Edition1~6(オックスフォード大学出版)で学習いたします。英語を母語としない英語学習者にふさわしい構成内容であり、世界的に評価の高いものです。CDも付いて家庭学習もできます。そして、国本小学校・国本女子中学校・高等学校との接続を重視し、12年間英語学習のシラバスを作成し、英語コミュニケーション力を育みます。

・全学年で使用しているテキスト‘‘Let's Go’’4th Edition1~6(オックスフォード大学出版)  (写真左)
・英語の絵本も充実しています。(写真右)


国本小学校英語授業実施時間数

※毎年授業時数を増やして児童の英語コミュニケーション力を付けてまいります。

 

1

2

3

4

5

6

2016年度

1時間

1

1

1

1

1

2017年度

1

1

2

2

2

1

2018年度

1

1

2

2

2

2

2019年度

1

1

2

2

3

3

 

  • 命のカリキュラム
  • 情操教育
  • 安全対策
  • クラブ活動
  • 交通アクセス active

学外との連携