menu

2020年度の様子

7月28日 (火) 1年生
大輪のアサガオが咲きました!

毎年1年生はアサガオを育てています。いつもならGW明けには種をまいているのですが、今年は6月から学校再開ということでいつもより遅い種まきとなりました。順調に成長してくれるか、1年生は毎日水をやりながらお花がさきますようにと願い見守ってきました。その願いが通じたのでしょう。今、見事な朝顔が大輪の花を咲かせています。

 

7月17日 (金) 5年生
妊婦体験

国本小学校では、「命のカリキュラム」の一環として、5年生理科の「ヒトのたんじょう」の学習の中で毎年、妊婦体験を行っています。生卵と水を入れたポリ袋をリュックに入れ、授業中だけでなく休み時間を含め、学校生活の間、それをお腹につけて1日過ごします。
280日に及ぶ本来の妊婦期間に比べれば、1日限定、それも児童の体格に合わせて少なめに設定した3~4kg程度の重さだけの体験ですが、子どもたちは、そこから理科的な知識以外にも母親への思いや誕生までの大変さなど多くのことを学ぶことができました。

7月13日 (月)~7月15日(水)
英語でのプログラミング授業

今年度も昨年同様、UIA International School of Tokyo(旧Tathva International School)のICT専門の講師を招き、プログラミングの出張授業を行いました。

今回は、新型コロナウイルス感染対策の観点から12~17名の児童に対し、講師1名・小学校英語科の教員3名の計4名で行いました。英語の指示に的確に反応したり、積極的に英語で質問をしたりする児童がいつも以上に多く見られました。
今回は、昨年よりもさらに内容が深まり、5・6年生ではプログラミング言語「Python」を使い、実際にコードを英語で書き込む体験を通して、プログラミングに関する知見を深めることができました。

  

7月7日 (火)
七夕

国本小学校では、七夕に向けて校舎の階段ホールに大きな笹が飾られ、そこには、全校児童の願い事の書かれた色とりどりの短冊がつけられます。




願い事は、ご家族の健康や自分の将来の夢など様々で、子どもたちの思いが伝わってきます。今年は写真のような短冊も多く見受けられました。

  

6月19日 (金)
お弁当の時間

いつもなら、お友達と向き合って軽い会話をかわしながらの楽しい時間ですが、いましばらくは我慢です。



全員が間隔をとって前を向いての食事タイム。沈黙の中、ちょっぴり緊張気味の子どもたち。そこで今週から曲を流すことにしました。モーツァルトの曲の中からみんなに親しみのあるものを中心に流しています。
また、クラスによっては本の読み聞かせを録音したものを流す日をつくるなど、静かな食事タイムを利用し、素敵なひとときにしています。

6月15日 (月)
分散登校3週目

分散登校3週目がスタートしました。今日からは、1組系、2組系がそれぞれ隔日で登校、今週は1人週3回の登校日となります。

児童玄関では一人一人がサーモカメラで検温してから校内に入っています。



今日は32℃という暑い日となりました。教室内は換気のために窓は開けながらもエアコンの冷房を使って快適な室温に調整しています。

 

6月8日 (月)
分散登校2週目が始まりました

今週は、各クラス8~9名で登校をし、子どもたちは週に2回学校に登校します。

各学年本格的に授業が始まりました。



休み時間も密にならないよう、教室、グラウンド、屋上、ホールに分かれて過ごしました。
久しぶりに友達と遊ぶことができ、子どもたちはとても楽しそうでした。





6月3日 (水)
1年生も元気に登校しています

6月1日に入学式を終えた1年生も分散登校という形で学校生活がスタートしました。

  


新1年生をお迎えするにあたり、様々な準備が行われてきました。

  

 





トイレに足跡マークを付けて間隔を取れるようにしました。密になることを防ぐよういろいろな形で工夫をしています。

6月2日 (火)
学校再開!子どもたちの笑顔がもどりました

新型コロナウイルス感染拡大防止のため3月から休校が続いていましたが、本日、分散登校でようやく子どもたちの明るい声が学校内に広がりうれしい日となりました。
各クラス6~7名で学校生活をスタートしました。

  


間隔をあけて担任の先生と駅まで一緒に下校しました。


6月1日 (月)
入学式

新型コロナウイルスの影響で延期されていた入学式が執り行われました。かえで組、さくら組に分かれ簡単に入学式の練習をしてから式に臨みました。
1年生は、式の中で自分の名前を呼ばれると、元気に返事をすることができ、立派な姿を見せてくれました。これから始まる国本小学校での生活を楽しみにしている様子も伺えました。

 

5月30日 (土)
校内消毒

子どもたちの登校を目前に控え、保健室の先生の指導のもと、校内消毒を行いました。校舎内の換気・消毒を徹底し、子どもたちの机や椅子、ロッカーや手すり、ドアノブなどを入念に消毒し、子どもたちに安心して過ごしてもらえるように学園全体で取り組むよう進めています。

 

5月29日 (金)
オンライン授業

新型コロナウイルスの影響で学校が休校となり、子どもたちのいない学校は静まり返っていて、とても寂しく感じています。

国本小学校では5月から毎週火曜日と金曜日に授業を動画で配信してきました。各学年ごとに、1回の配信で国語、算数の授業と、専科の授業がいくつかアップされ、子どもたちは、その動画を見ながら郵送された教科書やドリル、プリントを用いて学習を進めました。

 

また、zoomを使った学級活動も各クラス週に2回行いました。画面越しとは言え、子どもたちの元気な姿を見ることができました。また、配信された動画をしっかり見て各自勉強を進めてくれていることも確認することができました。最初は緊張した面持ちの子どもたちでしたが、すすめていくうちに少しずつリラックスした表情が見られるようになり、回を重ねるごとに学校の再開が待ち遠しくなったというのが正直なところでした。




本日で、動画配信もzoomを使った学級活動も一旦一区切りとなりました。子どもたちに早く会いたい気持ちでいっぱいです。いよいよ6月1日から分散登校という形ではありますが学校が始まります。元気な子どもたちに会えることを楽しみにしています。




2019年度の様子

2月21日 (金)
6年生 「“検事”という仕事」特別講演会開催

慶應義塾大学法科大学院教授の鈴木朋子先生をお呼びし、講演をして頂きました。6年生が講演を拝聴しました。鈴木朋子先生は、現在も東京高等検察庁で検事としてお勤めになっており、検事がどんな仕事をするのかというお話や、仕事の生きがいなどについてのお話を分かりやすく教えてくださいました。6年生の子どもたちは熱心にメモを取りながら、真剣に話に耳を傾けていました。

 

1月25日 (土)
音楽発表会

今回は1~5年生の発表となりましたが、延期になっていた音楽発表会が無事開催されました。音楽の授業や休み時間に練習を重ねてきた合唱・演奏を、お客様の前で発表し、どの学年も心を一つにして、素晴らしい演奏をすることができました。

 

1月21日 (火)
英語でのプログラミング授業

 今年度、3回目のプログラミングの出張授業。Tathva International School(タトゥワインターナショナルスクール)ICT専門の講師の方と小学校英語科の教員で行いました。3回目の今回は子どもたちも英語のみの画面や英語での指示にも慣れ、スムーズに学習を進めていました。内容も深まり、バグの修正(デバック)について実習し、プログラミングに関する知見を深めることができました。初年度ということもありましたが、3回の授業を通して子どもたちは英語を介し、様々な角度から問題を解決する力を身に着けることができました。

  

 

12月4日 (水)
5年生 英語でクッキーづくり!

5年生対象に英語授業の一環としてクッキーづくりを行いました。調理室でエプロンを付けた子どもたちはスタートから目を輝かせていました。まずは生地作りからですが、説明は全て英語。バックミュージックはリズミカルなクリスマスソング。日頃の英語授業の成果が出て、子どもたちは先生の指導にしたがい、とても楽しそうに活動していました。もちろん授業後は自分たちでおいしくいただきました。

 

 

11月30日 (土)
マラソン大会

1、2年生は1.5キロ、3~6年生は3キロを走るマラソン大会が行われました。この一ヶ月間、体育の授業に加え、毎日の休み時間にみんなで運動場を走って持久力を高め練習を積み重ねてきました。本番当日は、友達や保護者の皆様の声援を力に、参加した児童全員が最後まで全力で走りきりました。





11月26日 (火)~28日(木)
英語でのプログラミング授業

今年度、国本小学校ではTathva International School(タトゥワインターナショナルスクール)からICT専門の講師をお呼びしてプログラミングの授業を全学年英語で行っています。先生からの指示は全て英語ですが、今回で2回目ということもあり、子どもたちは、諦めずにトライアル・アンド・エラーを繰り返していました。高学年になると、頭の中で思い描いていたプログラムを実際に試してみて、エラーが起きた場合は、なぜエラーが起きたのかをきちんと調べて、プログラムを修正することもできていました。

11月23日 (土)
私学体育発表会

国立学園小学校で行われた私学体育発表会に参加しました。
あいにくの雨で、サッカー部の試合は中止となってしまいましたが、女子ミニバスケットボール部が日頃の練習の成果を発揮しました。
女子ミニバスケットボール部は3~6年の有志の子どもたちが参加しており、朝と放課後の時間に活動しています。気持ちをひとつにし一生懸命戦い、見事全勝することができました。
他の学校のチームとの交流も深まり、有意義な時間となりました。

11月13日 (水)
6年生 国会体験・見学

6年生が社会科見学で、国会議事堂で行われた参議院特別体験プログラムに参加しました。プログラムでは、委員会・本会議での法案審議をロールプレイ形式で模擬体験しました。本当の国会議員のように委員長や大臣の役をやったり、法案について賛成か反対か投票したりしました。プログラム体験後は、国会議事堂を見学しました。普段テレビで見たり、社会の授業で学んだところに実際に行くことができ、子どもたちは国会についての理解を深めました。


  

10月19日 20日
記念祭

今年度の記念祭もおおいに賑わい、楽しい2日間となりました。

1日目、幼稚園、小学校、中高等学校の児童・生徒全員がホールに集まり、オープニングセレモニーを行い、記念祭がスタートしました。

その後、1~6年生全員で、小学校金管クラブと中高吹奏楽部が演奏するオータムコンサートを鑑賞しました




教室には学年ごとに図工や生活、家庭科、総合などで作った作品を展示し、廊下には全学年の習字作品が並びました。子どもたちみんなが今まで頑張って制作してきた様々な作品を見ることができ、低学年の子ども達は、お姉さん、お兄さんの作品を見て、自分もいつかこんな作品を創るのかと楽しみにしている様子でした。
  
       
【1年】                 【2年】

  



【3年】                 【4年】

  




【5年】                 【6年】
 





 


  

 

ミニバスケットボール部やサッカー部による交流試合も行われ、日頃の練習の成果を発揮しました。


 1・2年生は運動場でダンスの発表をしました。

 

保護者の方によるゲームコーナー、バザー、喫茶室も大好評で在校生並びにお客様にとって笑顔溢れる二日間になりました。

10月5日(土)
2年生 東京大学折り紙サークル“Orist”

東京大学折り紙サークルOristさんに図工の出張授業をして頂きました。授業では、Oristさんオリジナルの創作作品「金魚」の折り方を教えて頂きました。教員も四苦八苦する難しさでしたが、わかりやすい説明と丁寧なご指導のおかげで全員作品を完成させることができました。
最後には子どもたちがリクエストした作品を折ってくださる場面もあり、折り紙好きの子どもたちにとってはたまらない1日となりました。正方形から作られる豊かな創造力の世界に折り紙の奥深さを感じました。



 

 

9月12日(木)
1年生 お月見だんごづくり

 

明日が中秋の名月ということでみんなでお月見だんごづくりを行いました。どの班も協力しながら仲良くおだんごづくりを進めることができました。出来上がったお月見だんごは教室で、おいしく頂きました。

 

9月4日~9月6日
6年生 修学旅行

 

6年生が日光での修学旅行を満喫しました。普段の生活や宿泊行事では下級生のお世話をしたり、班をまとめたり中心となって行動している6年生ですが、今回は仲間との時間を大切に過ごす事が出来ました。日光東照宮で学び、日光江戸村で愉しみ、戦場ヶ原で自然を満喫し、忘れられない思い出をたくさん作ることができました。

 

  

 

8月4日~8月10日
オーストラリア海外英語研修実施

 

3年生から6年生の希望者15名で豪州クイーンズランド州ゴールドコーストへ研修に行きました。
目的は、
①ホームステイで主体性をもち、将来に生きる異文化体験をする。
②ゴールドコーストで優れた講師による教育実績のあるGreen and Gold Collegeで英語力を磨く。
③現地小学校との交流を通してグローバル人材を育成する ことです。
滞在中は、現地校訪問や自然探索の移動には公共のバスやトラムカーを積極的に活用し、子どもたちの英語力をいかんなく発揮しました。選定されたホームステイ先では心温まるおもてなしを受け、子どもたちはオーストラリアの生活に満足した様子でした。今回の研修は、出発前の事前指導として校長による研修会、終了後は作文を書くなどの活動も含め、国際教育の一環としてとらえています。

 

 

 


 

 

7月10日~7月12日
林間学校

今年の林間学校は八ヶ岳で実施しました。国本小学校では、毎年1年生から6年生まで全校児童みんなで林間学校に行きます。宿泊部屋も縦割り班で過ごすので、今年も学年の枠を超えて親睦が深まりました。

1日目の最初の活動は、たてわり班のみんなで作品づくりに挑戦しました。「フロッタージュ」という技法を使って、自然の中にある葉っぱや石、岩などのいろいろなものを紙にうつし、自然に触れ合いながら楽しく作品をつくりました。

 

2日目。
1、2年生は清里高原でハイキングをしたり、エコバックをつくったりしました。その後は、八ヶ岳自然文化園に行ってプラネタリウムの鑑賞もしました。
3,4年生は清里高原のハイキングでアップダウンの激しいコースに挑戦しました。自然体験プログラムで箸づくりにも取り組みました。



5、6年生は飯盛山の登山、清春芸術村での鑑賞をしました。



3日目。
1、2年生は滝沢牧場でバターづくりを行いました。



3、4年生は陶芸教室で手びねりを体験し、ごはん茶碗を作りました。



5、6年生はみんなで協力して飯盒炊爨を行いました。カレーを作り、おいしく頂きました。




全学年、東京ではなかなかできないことをたくさん体験し、忘れられない充実した3日間になりました。


6月12日(木)
6年生 原爆先生による出張授業

今年度も原爆先生こと池田先生による戦争についての出張授業が行われました。
普段の授業では学ぶことができない戦争の本当の悲しさや怖さについて子ども達が考える機会になりました。

6月11日(火)
6年生 国本幼稚園年長組 交流会

6年生と国本幼稚園の年長組の子どもたちが交流会を行いました。一緒に歌を歌ったり、ゲームをしたりして楽しんだあとは一緒にお昼ご飯を食べました。最後は、6年生から年長組さんにメダルを渡し、年長組のみなさんからは歌のプレゼントがありました。短い時間でしたが、お別れの時間になると、6年生も年長組みのみなさんもとても名残惜しそうでした。仲が深まった楽しい会であったことが伺えました。

 

 6月1日(土)
運動会

今年の運動会は、世田谷総合運動場内の体育館で行いました。
クラスで力を合わせて挑んだ団体競技。体育の時間だけでなく、休み時間も利用して作戦をたてたり、練習をしたりしている学年もありました。
本番では、赤組も白組もその成果を出しながら、一生懸命取り組みました。
 

 
競技を終えて、応援席に戻ってきた学年に「よくがんばったね。」と声をかけてあげている上級生が多く、学年を越えた絆が見られました。

保護者の方と力を合わせて取り組んだ親子競技も盛り上がりました。
 

3~6年生は、ソーラン節の曲にあわせた力強い舞いでお客様に感動を届けました。

選抜リレーでは、みんなの思いを背負った代表メンバーが素晴らしい走りを見せ、会場をわかせました。今年度は白組が優勝しました。勝って嬉しい涙、負けて悔しい涙、いろいろな涙が見られました。子ども達は気持ちを一つにして、最後まで堂々と頑張りました。

5月23日(木)
6年生 TOTO出張授業

TOTOの方にお越し頂き、パブリックトイレを題材に授業をして頂きました。子どもたちは、清潔性や障がい者への配慮、環境配慮の方法について講義を受け、より少ない量で水を流す実験にも夢中になって取り組んでいました。講義の後は、グループごとに自分たちが考えるパブリックトイレの発表をし、理解を深めることができました。
 

5月10日(金)
全校遠足

全校児童で昭和記念公園に遠足に行きました。遠足日和の青空の下、子どもたちは元気いっぱい活動していました。1年生は6年生と、2年生は5年生と一緒に活動する時間もあり、異学年との交流も楽しみました。
 



4月7日(日)
入学式

今年度、48人の1年生が国本小学校の門をくぐりました。6年生は緊張している1年生に優しく声をかけ、教室までの道を案内していました。
入学式では、2年生~6年生が、国本小学校の楽しい生活を伝え、元気な歌声で新1年生を迎えました。
新1年生は「よろしくおねがいします」とごあいさつをして、立派な小学生の姿を保護者の方や先生、在校生に見せることができました。







平成30年度の様子

3月17日(日)
卒業式

立派に成長した6年生48名が国本小学校を卒業しました。在校生、保護者、教職員に見守られながら、一人一人が卒業証書を受け取り、決意の言葉を述べました。新たな目標に向かって頑張ってほしいと思います。

2月24日(日)
学芸会

学年ごとに心を一つにして劇の発表をしました。6年生は司会や照明、大道具など裏方として劇を支えてくれました。
また今年度は、劇発表の後に6年生の合唱と全校合唱を発表しました。

1年生:ひょうたんいけはおおさわぎ


2年生:森のおとしもの


3年生:西遊記


4年生:走れメロス


5年生:銀の燭台~レ・ミゼラブル~



6年生:合唱「この地球のどこかで」 合奏「自由の大地」


プログラムの最後には、国本小学校の特色でもある全校児童300人による合唱と、ドイツ語での第九の合唱奏を行いました。

2月22日(金)
報本祭

報本祭は、創立者並びに国本学園の設立にご尽力いただいた方々の御霊を祭る式典です。小学校では、3~6年生の児童が参加しました。式典後、感謝の気持ちを込めたメモリアルコンサートも開催され、小学校からは5年生児童によるピアノ独奏、6年生による合唱「この地球のどこかで」と、3~6年生による合唱「How wonderful living together!」(生きてるってすばらしい)を発表しました。

2月20日(水)
6年生 「検事としての生きがい」特別講演会開催

東京高等検察庁検事であり、慶應大学大学院教授の鈴木朋子先生を招聘し、1時間にわたって講演を拝聴しました。検事は真相を明らかにする「公益性」の強い職務であり、人として生きる道を授ける尊い職業であることをわかりやすくご教示いただきました。将来、法曹関係の仕事を希望している児童もいて積極的に発言していました。最後に、6年代表児童(写真右)が感謝の言葉を述べ、会を終了しました。

   

1月11日(金)
5年生 美術館見学

5年生が近代美術館に見学に行きました。8~9人グループに1人、ガイドの方がついてくださいました。ガイドの方の先導の元、1つの作品について、感じたことや自分なりの見方を話すギャラリートーク形式での鑑賞でした。子どもたちは、ガイドの方の問いかけに対して積極的に自分の考えを話しており、友達の意見も聞くことでそのような見方もあるのかと新たな気づきもあったようでした。普段はなかなかできない方法での作品鑑賞をすることができ、充実した時間を過ごしていました。

 


12月1日(土)
マラソン大会

学校近くの野川沿いからスタートし、ゴールは喜多見ふれあい広場です。1、2年生は1.5キロ、3~6年生は3キロを走りました。一か月ほど前から、体育の授業に加え、毎日20分休みにグラウンドを走って練習を積み重ねてきました。友達や保護者の皆様などのたくさんの応援を力に頑張りました。

 


11月25日(日)
5年生 私学音楽祭

第32回 東京私立学校音楽祭「さあ はじめよう」が昭和女子大学人見記念講堂にて行われました。国本小学校からは5年生が出場し、「埴生の宿」の合唱奏を発表しました。収容人数約2000人の大きなホールで立派に演奏しきった5年生は達成感に満ち溢れた様子でした。


11月2日(金)
1~4年生 縦割り遠足

1~4年生で多摩動物公園に遠足へ行きました。この遠足の最高学年となる4年生がリーダーとなって、縦割り班ごとに活動しました。4年生はこの日のために事前に見学ルートを調べるなどたくさん準備をしてきました。4年生による見学ルート途中での動物の解説やクイズ発表もあり、1~3年生も大いに楽しむことができました。

  





10月20日(土)・21日(日)
記念祭

お天気にも恵まれ、今年の記念祭も大いに賑った2日間となりました。
1日目は、国本幼稚園、小学校、中高等学校の児童・生徒全員がホールに集まって行われるオープニングセレモニーから始まりました。その後、小学校金管クラブ、中高等学校の吹奏楽部によるオータムコンサートを小学生全員で鑑賞しました。


小学校は、各学年ごとに図工や生活、総合の時間に心を込めて丁寧に仕上げた作品を展示発表しました。

  


 

ミニバスケットボール部とサッカー部は代表選手が招待試合を行い、日頃の練習の成果を発揮しました。
サッカー部の1~3年生は、部内試合を行い、友達同士で闘志をもやしていました。

1・2年生は、心をひとつにして元気にダンスを発表しました。

有志の児童による音楽の個人発表会もありました。
保護者の方々によるゲームコーナーやバザー、喫茶室も大好評でした。
午後は、自由時間を楽しむ子どもたちの笑顔でいっぱいになっていました。たくさんのお客様をお迎えする事もでき充実した二日間となりました。

9月19日(水) 
5年生 社会科見学

5年生が社会科見学で、日産自動車追浜工場とオービィ横浜に行ってきました。車を出荷、入荷する港や車体を組み立てる工場の見学をしました。普段は見ることができない場所に大興奮の子どもたちでした。

 

9月16日(日) 
スポーツフェスタ

世田谷総合運動場(陸上競技場)にて秋のスポーツフェスタを行いました。各学年ごとに、お父さんお母さんと一緒に親子競技に取り組みました。有志の保護者による100m走、50m走のタイム測定もあり、保護者の方々の力走に、子どもたちの応援にも熱が入っていました。心配していたお天気にも恵まれ、力を合わせてスポーツの秋を楽しみました。

9月9日(日) 
私学水泳大会

有志の児童が明星小学校にて行われた私学水泳記録会に参加しました。自己ベストを目指してみんな力いっぱい泳ぎきりました。

8月18日(土)~8月24日(金)
オーストラリア海外研修

 研修の目的は、「オーストラリアの小学校授業に参加し、交流を図ること。」「ファームステイをしながら、オーストラリアの生活を味わうこと。」「自然豊かな環境を体験し、文化・風習を学ぶこと。」です。
 事前研修として、出発1ヶ月前から校長室でオーストラリアについての予備知識、英会話に慣れ親しみました。研修後は感想文を書き、生涯の思い出とします。
 訪問するブリスベンとゴールドコーストは小林校長の元勤務先(文科省派遣・クイーンズランド補習校校長)です。校長は3年間の駐在経験があるため、緊急時対応は万全です。

・ファームステイ(4泊)では子どもたちはオーストラリアでの生活をたっぷりと満喫しました。日本とは違った美味しい料理をしっかりと食べ、広い庭で兄弟姉妹と楽しく遊びました。馬を飼っていた家庭ではお世話をしたり、鶏が卵を産むのを初めて見て感激したりしていました。

 




・オーストラリアの小学校は4校訪問しました。すべて小林校長がかつて関わっていた小学校です。
 新学校の公立Ironside State Schoolの玄関は、まるで高級ホテルのロビー。子どもたちは少し緊張している様子でしたが、校内を案内して頂き、充実した吹奏楽演奏を聴かせて頂いて充実した時間を過ごせました。

 



 
 日本語教室のある私立の名門St Anthony's Schoolでは、ご担当のベテラン日本語教師キャサリン先生が子どもたちに折り紙を通して、授業をして頂きました。教室内にとどまらず、校庭でもクイズ形式のアクティビティのある楽しい授業でした。モーニングティータイムでは親しく現地の友達と交流しました。

  




  NHKのニュースでも紹介された公立Wellers Hill State Schoolは全学年で日本語と英語のバイリンガル授業をしていました。特色ある教育の小学校で、今や全豪で注目されています。国本小学校の子どもたちは習字と、そろばんの授業に参加しました。教頭先生は日本人の橋本先生(豪州永住)です。先生はかつて校長が勤務していたクイーンズランド補習校に通っていた教え子です。彼の「豪州一の小学校創設」の志に敬服。「日本一の国本小学校」を目指すところは小林校長と同じです。


 




 私立ヒルズ学園(幼稚園から高校まで500名在籍し、東京ドームが50個入るというゴルフコースのある学校です。)では小学校3年生の教室で英語の授業を受けました。最初は緊張した様子でしたが、ランチタイムになるとヒルズ学園の友達と笑いながらBBQを楽しみました。いずれも食事が交流の場を和ませます。最後に修了証書も頂きました。

 




・オーストラリアの自然は豊かです。ブリスベンの動物園でコアラをはじめ、有袋動物などをしっかりと見学しました。ゴールドコーストの海岸は長く勇大です。高層マンションやホテルの建造物ととてもマッチしています。砂浜を素足になって歩きましたが、その感触は今でも忘れることはないでしょう。
 



・国本小学校オーストラリア海外研修は行く先々で多くの方々がお世話してくださいました。無事終了したことに感謝申し上げます。

7月12日(木)
1年生 交通安全教室

成城警察署の方に来ていただき、お話を聞きました。交通安全について学び、安全な横断歩道の渡り方や道路の歩き方をを教えて頂きました。自分の命を守ることについて改めて考える時間になりました。

 

7月8日(日)~7月10日(火)
林間学校

1年生から6年生までの全校児童で、富士緑の休暇村へ林間学校に行ってきました。この林間学校では学年ごとではなく、1~6年生の縦割り班ごとの部屋で過ごします。5、6年生は1、2年生のお世話をしながらも、楽しく3日間を過ごしました。

1日目。全校児童一緒にお昼ごはんを食べたあと、縦割り班ごとにゲームに挑戦し、班の親睦を深めました。


2日目。
1、2年生は花鳥園に行って普段はなかなか見ることができない珍しい生き物を見たり、富士ハーネスを見学したりしました。

3、4年生は富士5合目をハイキングしました。

5、6年生はパノラマ台をハイキングした後、博物館で山梨県の歴史や文化を中心に学びました。


3日目。1、2年生は溶岩染めをして素敵な作品を作りました。



3、4年生。自然の素材を使って、バードコールを作りました。お気に入りのデザインで絵を描いて、自分だけのバードコールができました。


5、6年生は家庭科で学んだことを生かし、カレー作りを行いました。火おこし、準備片付けまでを行い、苦労して作ったカレーは格別の味のようでした。
 

普段学校ではできないような体験をたくさんして、大満足で帰ってくることができました。

7月6日
七夕

全校児童が毎週取り組んでいる習字の授業の中で、願いを込めて短冊を書きました。学校内の1階から3階まで突き抜けるほどの大きな笹の葉にそれぞれ短冊を吊るしました。

6月2日(土)
 保護者向け安全指導講習会 

児童が安心して小学校生活を送るには学校と家庭が連携する安全対策が大切です。そのためには、いつもの通学路の再確認や児童に防犯意識をもたせることを徹底することが必要です。そこで、綜合警備保障株式会社のスタッフを講師として招き、具体例を挙げて児童の安全について有意義なお話をしていただきました。

5月25日(金)
 英語でドッジボール! 

小学校体育科の高倉教諭と国本女子中高等学校ALT(外国人英語指導補助)のサンガ ジョシュア先生が4年生の子どもたちとドッジボールの授業を行いました。ジュシュア先生はカナダで体育科の指導をしています。高倉先生も英語を交えてチームティーチングで指導しました。児童はボールの投げ方やとり方を英語で学ぶことにより、いつも以上に集中して取り組んでいました。

5月20日(日)
運動会

運動会日和の青空の下、子どもたちが元気いっぱい練習の成果を発揮しました。

徒競走では、1~6年生全員が、力いっぱい走り抜けました。


1年生は玉入れ、2年生はしっぽとり競走、3年生 二人三脚、4年生 むかで競走、5・6年生はいざ鎌倉を学年競技として競い合いました。
 

3~6年生によるソーラン節の演技発表もありました。
 

他にも未就学児童による玉入れや、卒業生・保護者による綱引きもあり、大いに盛り上がった運動会となりました。

 4月27日(金)
全校遠足

昭和記念公園へ全校遠足に行きました。
広い公園で1日中元気に走り回っていました。
国本小学校では、6年生は1年生、5年生は2年生のお世話として1年間密に関わっていきます。
遠足の日もペアの子と手を繋ぎ、親睦を深めながら一緒に遊んだりお弁当を食べたりしました。

4月8日(日)
入学式

今年度、52人の1年生が国本小学校の門をくぐりました。6年生は緊張している1年生に優しく声をかけ、教室までの道を案内していました。入学式では、2年生~6年生が、国本小学校の楽しい生活を伝え、元気な歌声で新1年生を迎えました。新1年生は「よろしくおねがいします」とごあいさつをして、立派な小学生の姿を保護者の方や先生、在校生に見せることができました。




学外との連携

  • JYFA
  •