menu

2015/06/23

高等学校

ソフトテニス部インターハイ東京都団体予選結果

インターハイ団体予選

614日(日)インターハイ団体予選が有明テニスの森公園で行われました。本校は第3シード、ポイント的には東京都で3番目の順位になります。

関東大会団体予選優勝、関東大会本戦団体準優勝と、春からの大会で良い結果を出しており、今大会も優勝を目指して大会に挑みました。準決勝まで順調に勝ち進んでいき、予定通り第2シードの強豪校との対戦になりました。

1対戦、相手は全国中学校大会で第2位になったペアです。ゲームカウント3-1とリードし、あと1ゲームというところで勝ちを焦ってしまい、ずるずると逆転負けをしました。

2対戦、中学校時代は対戦成績が不利だったライバルとの因縁の対決になりました。第1ゲームを悪い展開で奪われ、流れが悪くなっていましたが、第2ゲームから立て直すことに成功。その後は丁寧な試合運びで相手を圧倒することができました。精神的な成長が大きく、「頼もしくなったな」という感想を持ちました。

さて、第3対戦目、11の最終戦です。この試合に勝ったチームが決勝戦へと進むことができます。相手チームはこの前の関東大会本戦、個人の部で第3位になったペアです。迎える国本学園は関東大会本戦、個人の部でベスト32のペアが挑みました。試合は緊張した出だしになりましたが、戦術が徐々に効果を出して、相手のミスもあり勝ちきることができました。

いよいよ決勝戦、インターハイへあと1勝。相手は毎年、全国から選手を集めている日本屈指の強豪校です。

1対戦、相手は関東大会本戦、個人の部で優勝したペアを崩し、万全のオーダーで挑んできました。大接戦となった第1対戦はマッチポイントを先に握りながらも、最後の最後で逆転負け。緊張感のある大変良い試合でしたがチームにとっては大きな敗戦となりました。

2対戦、相手は実質の大将ペア。同学年の対決となりましたが、技術・戦術・メンタルともに相手がはるかに上回り、0-④で敗戦。

2015年度、国本学園の夏への挑戦は終わることになりました。

結果、国本学園は準優勝でした。そして、東京都の3位までの3校は全国大会に出れば上位へ進出する可能性があるチームでした。しかし、現実は1チームしかインターハイに出場できません。この厳しい現実を受け入れて、また一歩前に進んでいかなければいけません。

ほとんどの3年生は引退になります。勝たせることができなくて本当に申し訳ありませんでした。そして、国本学園を選んでくれて本当に感謝しています。そして、人間性を成長させたみなさんを嬉しく思い、誇りに思います。これからは自分たちの進路にむけて、ソフトテニスに取り組んだ気持ちを思い出して、一生懸命努力して行きましょう。私たちも寄り添って力を与えていきたいと思います。

ソフトテニス部の目標、「自分で考える」「自分で決断する」「自分で行動する」「最後までやり遂げる」、自主自立をこれからもずっと続けて下さい。きっと素晴らしい未来が開けていくと思います。さらに成長して大人になったみなさんと、また会えるのを楽しみにしています。

 今後の広域大会予定

  • ハイスクールジャパンカップ

    日程:624日(水)~29日(月)会場:北海道札幌市円山公園庭球場

  • 参加者2

    花園優帆(3C)坂東花音(3D

  • 東日本ソフトテニス選手権大会(一般)

    日程:710日(金)~12日(日)会場:千葉県白子町サニーコート

    参加者2

    花園優帆(3C)坂東花音(3D

  • インターハイ本戦 個人の部

日程:731日(金)~85日(日)会場:明日香村テニスコート

参加者2

花園優帆(3C)坂東花音(3D