menu

2016/08/26

高等学校

全国高等学校ファッションデザイン選手権大会(ファッション甲子園)最終審査会出場!

  

8/21()「全国高等学校ファッションデザイン選手権大会(ファッション甲子園)」青森県弘前市で開催されました。全国約3000枚のデザイン画から35枚、35チームが選抜され、本校美術部も入選、本選出場となりました。
    

ファッション甲子園は、本選が最終審査会となっており、デザイン画をもとに服を作成し、ファッションショー形式で披露します。美術部もこの夏お盆返上で毎日遅くまで制作に励み、美しい和紙の巧みな紙折りと百合の花の純白なドレスを完成させ大会で披露しました。

 

この服は、私たちのチームの一人が紙を折る技術に長けていたことから彼女の才能を表に出したい、この折りを生かした和紙の服を作りたいと思ったことが発端です。そして、彼女の名前に「百合」があることから大輪の百合の花をデザインし作りました。 
   

残念ながら入賞には及びませんでしたが、ゆらゆらと揺れる複雑な和紙の折りの美しさと優しい白和紙の陰影や百合の迫力に、感嘆の声や称賛をいただくことができました。また、この大会に入賞し参加出来たことが貴重な体験となり、美術大学に進学希望する私にとって他校のデザインも現場の空気も大きな刺激となりました。ファッションショーに至るまでの過程で調べたり研究することが沢山あり、色々な知識や技術を身に付け得ることも出来ました。 




沢山あるデザイン画の中から私たちのデザインに目を留めていただけたことに私たちはとても感謝しています。

 (美術部部長・デザイン画、百合造形担当)