menu

情操教育の充実


我が校の校訓をひとことで表せば『敬神嵩祖』。
本校が大事にしている情操教育の重点は、校訓を受ける以下の4点です。
 聖・・・
 
目に見えない大いなる存在の恵みによって生かされている自己を見つめ希望と夢をもってより高い目標の実現を目指す生徒
 真・・・ 永遠性・普遍性を有する学問への憧憬とその習得によって、個性豊かな文化を創造できる生徒
 善・・・ 社会的な規範を理解し守り、正しいことを勇気を持ってやり抜く生徒
 美・・・ 自然や事物の美しさ、芸術作品への感動、人の行いの倫理的価値がわかる生徒
 特に、中学校では『情操の時間』『芸術教科の学習』『日々の内面指導』を通じて、発達段階に応じて主体的に自己の情操を高めます。『自己を見つめ、考えを深め、豊かな人間性を育む』大切な時間です。
 平成26年度から、高等学校では1年生と3年生が「茶道」を学びます。茶道から、女性らしい美しい所作、心配りなどを学び身につけ、やがて「器やお菓子、軸、花」などに体験的に触れながら「日本の伝統文化」「日本人の心」などを感受して豊かな情操が育まれるものと期待しております。


安心・安全な通学環境


 本学は小田急小田原線の喜多見駅から徒歩2分という場所にあります。
 喜びを多く見る町、喜多見。駅の周りは昔からの商店街。車の通りも少なく、商店街の人々に温かく見守られている安全で落ち着いた住宅街にあります。冬の時期、部活動後の下校時でも安心です。

あいさつ


 本校の生徒が、どなたにも褒められるのが『あいさつ』。
 「優しい笑顔で挨拶してもらって、ほっとします。」、「すれ違いに会釈を返してくれる学校はいくつかありますが、立ち止まって挨拶してくれる学校は初めてです。」などと、本校を訪れたお客様や仕事でいらした企業の方々から、お褒めの言葉をいただいています。校訓に従い、ご縁でふれあう人々に心を込めた挨拶をすることは、日常の当たり前の行動になっています。


少人数制での教育


 本校は少人数制です。個に応じた質の高い教育が授けられます。1クラスは30人以下。さらにコースに分かれる教科もありますから、先生の目が生徒一人一人に行き届きます。
 授業では、高等学校卒業後に求められる『表現力、コミュニケーション能力』を身につけるために、言語活動の充実や発表体験の充実を図っています。コンピュータを利用したプレゼンテーションや、視聴覚機器を使用しての発表などを経験して、生徒は互いの良さを認め合い、自信を深めていきます。
 理解のスピードや知識量の差があっても、授業前や放課後の補習を希望したり、チューターに質問したり、長期休業中の講習会に参加したり、と主体的に方法を選んで、自分にあった指導を受けることができます。

入学・転入学

  • 高等学校
  • 中学校
  • 小学校
  • 交通アクセス active
  • 教職員採用情報
  • 同窓生の皆様へ